お酒が原因の肝臓病

昔から酒は百薬の長といわれていますが、それはあくまでも適量を摂取した場合で、度を超えてお酒を飲むことは病気の原因になりかねません。

お酒が原因でなる病気の代表が肝臓病です。
そのなかでも知名度が高い脂肪肝に特になりやすくなります。
アルコールを摂りすぎることで肝臓に中性脂肪がたまってしまい、脂肪肝になってしまうのです。
脂肪肝の段階でなら禁酒や減酒などでアルコール量をコントロールすれば十分改善が見込めます。

肝臓は沈黙の臓器といわれ、再生能力や代償能力が高いため、異常があっても正常な働きを続けることができることも多く、 気づいた時には症状がかなり進行していたというケースが少なくありません。
血液検査などで異常が見られたり、明らかに飲み過ぎだと感じている場合はすみやかに対策をしましょう。