肥満が原因の肝臓病

肝臓病の原因には色々ありますが、原因のひとつは肥満です。
肥満の原因は主に食べ過ぎと運動不足が考えられます。
食事で摂った脂肪は小腸で脂肪酸に分解され肝臓に送られますが、糖分や脂質を摂り過ぎることで脂肪酸が増えると中性脂肪が溜まり脂肪肝になります。
脂肪肝はアルコールの飲み過ぎなどでも起こり、コレステロールが溜まった状態ともいえますが、肝臓の病気の中では軽い病気で生活習慣を改善することで治る病気でもあるのです。
しかし、生活習慣を改善することなく生活を続けると、さらに肝機能が低下して脂肪肝から肝炎、肝硬変、最後は肝臓がんを引き起こすのです。
がんなどを予防するためにも脂肪肝で異常が見つかった場合は、生活習慣を積極的に改善することが大切です。