肝臓の3つの働き

肝臓には、3つの働きがあります。
食物から摂取した栄養をエネルギーに変えたり、血液に送り出したりする代謝の働きと身体に有害な物を分解して無害にする解毒の働き、消化液でもある胆汁を作る胆汁分泌の3つです。

3大栄養素と言われている糖質、脂肪、タンパク質は肝臓で代謝されます。
病気を治すための薬やお酒のアルコールは、身体にとっては本来は毒ですが、肝臓で分解されて排出されます。
古くなった赤血球を使い、胆汁を作り、胆管から十二指腸へ送り込む役割もあります。
肝臓病になってしまうと、解毒作用は失われ、代謝もできずに毒素が脳にそのまま運ばれていくと、意識障害を起こす可能性があります。
肝性脳症と呼ばれ、昏睡状態に陥ることがあります。

そうなる前に、オルニチンなどのγ-GTPを下げるサプリ等でケアしましょう。


肝臓が食べ物の影響を受けやすい理由

肝臓は、栄養の代謝や解毒などの重要な働きを毎日行っています。
肝臓病としては、肝炎や脂肪肝、肝硬変、肝癌などがあります。脂肪のとりすぎによって、肝臓に脂肪がたまってしまうと脂肪肝となってしまいます。

アルコールは肝臓で解毒されるため、お酒を飲み過ぎると負担をかけ、障害されてしまいます。
その結果、機能が弱まってしまい代謝が悪くなりさらに脂肪がたまってしまうという悪循環になります。

負担をかけない食事としては、肝細胞の再生のために大切な栄養素であるタンパク質を積極的にとること、アルコールはできるだけ控えること、 代謝をサポートするビタミンをしっかりとること、朝食を抜く、ドカ食いなど、食事のリズムを乱す食生活や暴飲暴食に気をつける事が大切です。
もし食事だけでは・・・という方は脂肪肝サプリを試してみてください。


便秘は肝臓の敵

便秘は肝臓に負担をかけます。
それは腸内に長く滞在する便から発せられるガスを肝臓が分解するからです。
よって、肝臓をお休みさせてあげるには腸内の環境を整える必要があります。
腸内環境を整えるには、腸内細菌には善玉菌と悪玉菌を善玉菌を優勢に保つ必要があります。

善玉菌の中でも代表的なものが乳酸菌です。
中でも、植物性乳酸菌は生きたまま腸へ届くため、腸内環境は整えられますよ。


ウィルスが原因の肝臓病

肝臓病というものは非常に恐ろしいものであり、そのまま放置をすると肝硬変になる可能性が十分にあります。
この肝硬変という症状は肝臓が小さく硬い状態になり、肝臓が持つ本来の機能を果たさなくなってしまうという特徴を持っています。
そのためこの様な状態に至る前に生活習慣の見直しを行わなければなりません。

この肝臓病には原因が複数存在しているのですが、その中でもウィルスを原因とするものが最も多くなっています。

次いでアルコールに関連した肝臓の障害が増えてきます。
そのため肝炎ウィルスには相応の注意をしなければならないものであると言えます。
肝炎ウィルスに感染するリスクが高い行為は比較的知られていますので、その様なリスクを冒さないように注意することが大切です。


肝機能障害の治療方法

脂肪肝・・カロリー制限、アルコール制限、服用薬の停止などを行い肝臓への負担を軽減する治療を行いバランスの良い食事を摂取します。

ウィルス性の慢性肝炎・・肝炎から肝硬変、肝がんに進行しないように、抗ウィルス治療薬の投与が行われます。
又、鉄分を増やすような食品の摂り過ぎには注意が必要です。

肝硬変・・栄養のバランスを注意した食事が必要となります。
特に有害物質が長く大腸にとどまることは避けたいので、食物繊維を多く摂取しお通じの状態を良くする必要があります。


姉妹サイトはこちら

肝臓の数値を下げて脂肪肝を予防するサプリ